ホーム > アーカイブ - 2013年08月

やっぱりセルフパドルシーカヌーも楽しい☆

プーケット島はただいま雨期ですね~。昨夜から雨が降っていますが、こんな天気の日でも絶対楽しめるツアーといえばやっぱりシーカヌーツアー。雨が降ると雲が立ち込め、切り立った岩にかかるために雰囲気が増してアドベンチャー感が増して楽しい。そして、いくら外洋で風が吹こうが大きな湾の奥にあるパンガー湾は、波が立たないので船酔いの心配もなく毎日開催されています☆

DSCF0494_20130819084517593.jpg

IMG_7673_2013081908433716a.jpg

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

さてさて、シーカヌーツアーもたくさんありますが、その中でも唯一本格派シーカヌーを開催しているシーカヌー会社のみ、毎日ではありませんがセルフパドル(自分で漕ぐ)シーカヌーツアーを開催しています。

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

今回のお客様はセルフパドルツアーでしたが、残念ながら写真はNGだったので、セルフパドルのツアーに参加された他の外人さんの写真を撮らせてもらいました~。

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

セルフパドルツアーは間は休憩しながら、ペースを合わせてくれながら行くのでそこまで疲れませんよ~。自分で漕ぐと思い出も一入ですので少し体力がある方なら是非トライしてみてください♪

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

今回はいつもより長くのんびり漕ぎました~。大海原をゆったりと漕ぐとかなり気持ち良いものですね~。遠くに不思議な形の岩がたくさん見える非現実世界なのも凄く良いですよ~。

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

さ~、のんびり漕ぎながらまず最初に到達した洞窟はバットケーブ。蝙蝠の洞窟です・・。ヘッドライトONにして、大きな洞窟の中を進みます・・。真っ暗な天井を見上げるとヘッドライトの当たったところに蝙蝠がたくさんぶら下がっています!!ゆっくりゆっくり洞窟を奥に進むとラグーンに入る狭い岩穴が~。船の上に寝ながらギリギリ何とか出ると中の閉ざされた無音のラグーンに入れます☆

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

閉ざされた島の絶壁にはたくさんの木々が生え、ラグーンの中にはマングローブが生えていたり~。とっても幻想的な世界でマイナスイオンをたくさん浴びて癒されました~。思い出&イメージをしっかり脳裏に焼き付け、次の洞窟を目指します・・。

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

午前中一回で、間休みながらいくつもの洞窟を抜けました~。3時間前後のシーカヌーの時間は長いようで楽しすぎてあっという間でした。

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

ランチの準備をしている間に飛び込み大会が始まります!!足から飛んだり、回転したり~っと大胆なジャンプです☆泳いだり、シーカヌーを自分で漕いだり、のんびり船の上で休憩したり~。皆さん過ごし方は自由!フリーダムな世界です♪

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー

最後は、食べやすくて美味しいタイ料理&シーフード料理。日本人の皆さんで「今回の旅行で一番美味しい!!」とおっしゃる方も良くいるほどの立派なランチです☆1日の思い出を振り返りながら、のんびりクルージングを楽しみながらプーケット島へ戻ります・・。また行きたいなパンガー湾本格派シーカヌーへ♪

プーケットツアーはプーケット島風案内人のオプショナルツアー♪



Shimakaze Phuket | バナーを作成


スポンサーサイト
プロフィール

プーケットしまかぜ案内人

Author:プーケットしまかぜ案内人
プーケットしまかぜ案内人がパンガー湾でのカヤック教室、本格派シーカヌー、サンセットシーカヌー、ジェームズボンド島カヌーツアー、プーケット発観光オプショナルツアー情報をお届け中♪

パンガー湾シーカヌーブログ内検索
ファミリーで楽しくパンガー湾本格派シーカヌー体験
ファミリーにおススメのプーケット発パンガー湾シーカヌー情報
パンガー湾カヤック教室でマイナスイオンたっぷり
おススメのプーケットパンガー湾カヤック&セルフパドルコース情報
世界のお土産
最新コメント
ブロとも申請フォーム